お葬式の後で

飛鳥会館では香典返し、法要などお葬式後のこともサポートしております。お気軽にご相談ください。 香典返し四十九日が過ぎた後に先様に届くよう手配。 諸手続きご葬儀後に支給される葬祭費支給申請などの諸手続きのサポートをします。 香典返しご身内のみから大規模なものまでご要望に応じた提案をします。

 
お寺様へのお礼参り

下関では、お布施は、日を改めて翌日以降にお寺へ出向きお渡しすることが通例となっています。そのお礼参りの時に、今後の法要について、相談や打ち合わせを行います。但し、例外もあり、遠方にお住まい等、ご家族(ご遺族)や僧侶の都合によっては、お葬式の当日にお布施をお渡しすることもあります。

 
 
納骨

ご家族(ご遺族)、ご親族が集まる節目の法要に合わせて納骨されるケースが多いようです。なかでも四十九日の法要に合わせて納骨されることが多いようですが、納骨日について特に決まりはありません。ご家族(ご遺族)に気持ちの整理がついた時に納骨して良いのです。

 
 
お葬式の後の法事・法要
 
 
四十九日(満中陰)法要

『三月(みつき)にまたがるとよくない』という考え方があります。その場合は、三十五日目に繰り上げて法要を行います。一説には『始終苦が身につく』という語呂合わせであり、気にする必要はないとも言われています。宗派やお寺様により考え方に違いがありますので、ご家族やお寺様と相談して日程をお決めください。

 
 
初盆

仏式において、四十九日以後に迎えるお盆が『初盆』となります。 亡くなって四十九日に満たず、お盆を迎える場合は、翌年のお盆が初盆となりますが、七月中旬位までに亡くなった場合、ご家族の希望によっては、その年のお盆を初盆とすることもあります。 その時はお寺様と相談してお決めください。

 
 
香典返しQ&A
Q1.お香典返しってどういうものですか?お葬式の時に渡す品とは違うのでしょうか?

お葬式に際し、お香典をいただいた方へ返礼の品を贈ることです。
忌明け(四十九日法要)の後に、忌明けの報告とお礼を兼ねて挨拶状を添えて贈ります。また、贈る品のとこを『香典返し』とも呼びます。

お葬式に弔問していただいた時にお渡しする品物は、会葬返礼品(通称:会葬品)といいます。弔問していただいたお礼として差し上げる返礼品ですので、香典返しとは違う意味を持ちます。また、お通夜に弔問していただいた方にお渡しする通夜返礼品(通称:通夜品)というものがあります。近年下関市においては、通夜ぶるまいは遺族、親族で行うことが主流となっています。弔問していただいた方へは、通夜ぶるまいの代わりとして通夜返礼品を差し上げています。

なお、神式では三十日祭または五十日祭の後、キリスト教では特に決まりはないようですが、1ヶ月後の追悼ミサや昇天記念式後に、香典返しをされる方が多いようです。

Q2.即返しってなんですか?

香典返しには「即返し」と「忌明け返し」の2種類があります。

・「即返し」    その場で(通夜、葬儀の当日)、会葬品と一緒に香典返しの品も渡す
・「忌明け返し」 忌明け(四十九日法要後)に香典返しを行う

即返しを行っても、高額のお香典をいただいた場合には、忌明け後に改めて品物を贈ることもあります。下関市では、ほとんどの方が「忌明け返し」を選択されています。「即返し」はあまり利用されていません。

Q3.香典辞退をすると香典返しや返礼品は必要ないのでしようか?

お香典を辞退した場合でも、弔問していただいたお礼である通夜返礼品や会葬返礼品に関しては差し上げることが多いです。ただし、内々の家族葬(家族、親族のみ)では、省くこともあります。 香典返しについては、忌明け(四十九日法要)の報告と弔問のお礼を兼ねた挨拶状を送り、香典返しとする場合もあります。

Q4.香典返しにはどのくらいの金額の品物を贈るのでしょうか?

一般的に、いただいたお香典の額の半分から3分の1位の品物をお返しします。
ちなみに、香典返しを受けた時は、それに対する礼状は必要ないというのが慣例となっています。

Q5.職場などから○○一同でお香典をいただいた場合の香典返しはどうしたらよいでしょうか?

お香典返しは皆さんで召し上がれるものがよいでしょう。
お茶やコーヒー、お菓子などでお返しすることが多いようです。

Q6.弔問がなく、お香典のみいただいた場合はどうしたらよいでしょうか?

香典返しの品とお礼状を送る場合が多いようです。なかには少数ですが、お礼状のみで感謝の気持ちをお伝えする場合もあるようです。

Q7.お香典の他に生花、供物、お見舞いをいただいた場合はどうしたらよいでしょうか?

お香典以外にいただいたものもお礼したい場合の香典返しは、お香典をその分多くいただいたつもりで加算して品物を選びます。また、お香典と他にいただいたもののお返しを別々の品で行うことも一案です。

 
 
参考として ~香典返し商品とそのいわれ~

【お茶】
 お茶を飲んで故人を偲ぶというところから用いられています。

【砂糖】
 仏の世界へ白装束で旅立つという意味で利用されています。
 消耗品なので相手に不幸が及ぶことを消滅させるという意味も含んでいるようです。
 消耗品として、調味料セットやお菓子、コーヒーなどの食品も利用されています。

【シーツ・タオル】
 仏式では、仏の世界へ旅立つために「さらし」が利用されており、その名残で使われています。

【漆器】
 不幸を塗り潰すとという意味と二度と不幸がないように色直しをするというところから利用さ
 れています。

【石鹸・洗剤】
 不幸を洗い流すと言う意味を含み、また実用品としても喜ばれ利用されています。

【陶器】
 昔は土葬されていたことから人間は土に帰るという意味を含めて陶器が利用されています。

【家庭用金物】
 昔から金物は光るものとして魔除けに用いられてきたところから、ステンレスやアルミ、銅製品
 が用いられています。

 
 
香典返しの掛け紙(慰斗)と表書き

表書きは「志」が一般的で、どの宗教でも共通に使えます。ほかに、

  仏教    「満中陰志」「忌明け」「祖供養」
  神式(神道) 「偲び草」
  キリスト教 「昇天記念」

水引の下に、喪家の姓を書きます。
水引は地域性があり、白黒または黄白の結び切りの水引などを用います。
下関市の仏式では、熨斗は白黒の結び切りの水引を使い、表書きは「満中陰志」が一般的です。